井戸を作ろう|さく井工事を頼むときの注意点を知っておこう

井戸を作る際の業者選び

ヘルメット

井戸を作っている業者を選ぶ際の第一のポイントはさく井工事業の許可を有しているかです。一方で許可を有していても地下水を汲み上げるための井戸を作るにはノウハウが必要で、地域で井戸工事を多くこなしている業者を選ぶことが井戸づくりに失敗しないためには必要です。

井戸を作るポイント

作業員

水源を詳しく調べる

最近、自宅の敷地に井戸を掘る人が増えています。災害などで水道が使えなくなった時、井戸水があればとても助かります。また、一方では、井戸水を利用した冷房も考案されています。さく井工事の発注も年々増えているといいます。さく井工事は、住宅基礎工事の業者が請け負っています。それでは、さく井工事を依頼する時は、どのようなことを注意すれば良いでしょうか。まず、さく井工事の前には、水脈についての調査です。井戸は、地下に水脈があれば作れます。水脈が幾つかある場合は、より深い水脈を利用する方が賢明と言えます。特に都心に近い地域では、地価の造作物も多く、水脈が枯渇する懸念もあるからです。そして、もう一つ忘れてならないのが、水質検査です。水質検査は、井戸水が飲料として適しているかどうかを調べる目的で行います。せっかく井戸を掘っても、飲み水に使えないのでは意味がありません。いざという時の飲料用として考えているのであれば、水質検査は定期的に行う必要があります。これら全ての調査をしっかり行ってくれる業者が優良な業者と言えます。全ての調査をクリアして井戸が出来上がったら、その維持管理も重要です。さく井工事の業者の多くは、地下水脈の変化も調べてくれる所が多いので、そのような業者を選ぶことも大事です。井戸の水の出が悪くなった時に駆け付けてくれる存在は、絶対に必要です。また、井戸本体の健康管理も欠かせません。できれば、最低年一回は、さく井工事業者の診断を受けることがお勧めです。

井戸作りとポンプの設置

井戸

技術の向上から、手軽に井戸を作ることができるようになっている現在では、さく井工事の需要が高まっています。しかも業者は最初に地下水脈の場所などを十分に調査するので、高確率で井戸が完成します。料金は、深さにもよりますが約30万円です。ポンプの設置は別料金となっていて、金額はポンプの性能で決まります。

さく井のプロセス

男性

さく井工事とは農業用水や生活用水等を確保する目的で井戸を掘ることをいいます。許可を受けた専門の施工業者に依頼すれば、工事及び工事に伴う諸手続きをすべて任せられます。工期や費用は掘削する井戸の規模によります。